Biz Hawaii

【育児】ハワイの新しい母乳供給源

最近の粉ミルクの危機をきっかけに、ハワイでも母乳育児に関心が集まっています。

専門家の多くは、最初の6ヶ月間は母乳のみで育てることを勧めていますが、多くの母親はその目標を達成するのに苦労しています。そこで、母乳を寄付することで、そのギャップを埋めようとする人たちがいます。

パーソナルトレーナーで新米ママでもあるメリッサ・リベラさんは、母乳育児をするつもりでいましたが、それがどれほど大変なことなのかを知りませんでした。「母乳育児の苦労話はあまり聞かないし、良い話ばかりです」と彼女は言います。良い話とは、1ヶ月の息子の脳の発達を促し、感染症やアレルギーを抑え、抗体を高めるといったことです。

「粉ミルクでは、そのようなことはできません。母乳に含まれる栄養素は、より生物学的に利用しやすく、吸収率が高いのです」と、カイザー・パーマネンテ・ハワイの授乳コンサルタント、マリコ・フォングさんは言います。

リベラさんは、出産が大変だったため、母乳がすぐには出なかったと言います。母乳が安定して出るようになるまで、息子は粉ミルクの代わりに低温殺菌されたドナー母乳を飲みます。

カイザー社は、カリフォルニア州の認定ミルクバンクから母乳を調達しています。ドナーには血液検査と医療スクリーニングが行われ、血液バンクと同じように安全な供給が保証されています。

このサービスにリベラさんの胸のつかえは取れました。「最初のうちは母乳を出すことにプレッシャーを感じていて、『すぐにでも赤ちゃんがつかまり立ちをしてくれるだろう、簡単にできるだろう、こうしてみよう』と思うのですが、いつもそうなるわけではありません。そうでないときは、少しストレスになり、母乳が出にくくなります」と、リベラさんは話します。

ドナー母乳は通常、新生児集中治療室の弱い赤ちゃんのために用意されています。しかし、カイザー社のプログラムでは、新米ママ患者も利用できるようになっています。

「入院中の母親にとって、粉ミルクだけが唯一の選択肢というのは納得がいきません。私たちは、もっといい方法があるはずだと思ったのです」と、フォングさんは言います。

ドナー母乳の擁護派によると、インフレやサプライチェーンの問題から逃れるために、母乳育児をする母親が増えているそうです。

「母親の授乳の選択は、非常に個人的で複雑なものです。多くの女性が、快適さ、ライフスタイル、過去の経験、あるいは医学的な状況など、さまざまな理由で異なる授乳方法を選んでいるのです」。

ハワイには、提供された母乳を集め、検査し、低温殺菌するミルクバンクがありません。

「私たちの祖先は、お互いの子供を母乳で育てていたんです。だから、そうすることを誰も恥じることはないのです。」と、非営利団体Breastfeeding Hawaiiの理事長であるアンバー・グラニット氏は言います。

「私たちは、より強力な、特に土着の授乳のための労働力を構築しようとしています。土地に根ざした母乳育児カウンセラーは、すべての島にいます」と、グラニットさんは付け加えました。

その中で、健康専門家は、出所不明の母乳を使用しないよう忠告しています。
カイザー・パーマネンテは、母乳をオンラインで購入したり、共有したりすることは危険であるとし、推奨しています。

「何が安全だと感じるかは、あなた次第です。私たちはもちろん、あなたがその決定を下す前に、最初にあなたの小児科医に相談することをお勧めします 」とグラニット氏は述べています。

8月は全国母乳育児月間で、この問題にもっと光を当てるには絶好の機会だと提唱者は言います。

「母親をサポートするために、私たちはもっと多くのことができるはずです。その能力を高めるために、もっと多くの人の協力が必要なのです」とグラニットさんは付け加えました。

Contact Us

下記のフォームから必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してください。

*45分の無料スカイプ相談を承ります。






    Office

    Island Business & Commercial Brokerage

    オアフ事務局

    Meiko Fuchie 淵江明子

    所在地:
    500 Ala Moana Blvd Suite 7400, Honolulu, HI 96813

    電話:
    +1 (808) 543-1105
    (受付時間:【ハワイ時間】平日9:00-17:00)

    メール:
    meiko@biz-hawaii.com