Biz Hawaii

ハワイの看護学校へ関心高まる

コロナ禍のストレスと人材不足の年にもかかわらず, ハワイの学生看護プログラムは、驚くべきことにその関心度が向上している。

ハワイパシフィック大学(HPU)で看護を学ぶ大学2年生のShelby-Rhianne Olipasさんは、看護師への大きなニーズに引き寄せられ入学した。

「私はパンデミックの間、あらゆる状況を見聞きする中で、自分のコミュニティが看護師を求めていて、また、奮闘する看護師をサポートする必要がある現状に応えたいと思いました」

HPUの看護学大学院プログラムでは、昨年度の応募者数が2倍以上に増えています。HPUの大学院入試・入学業務担当のJana Stern氏は、「コロナ禍にもかかわらず、学生たちからより高い義務感や多くの呼びかけを実際に見てきました」と述べている。

ハワイの病院は、人手不足を解消するための緊急宣言を求めています。「私たちがしようとしていることは、ここハワイの医療システムに多くの看護師を提供することができるように、質の高い教育システムに改善することです。それでこそ彼らは良い給料の仕事を得て、生活することができます」

そのことはChaminade大学の看護プログラムでも同様に語られている。

看護学・保健医療専門職大学院の副学部長であるPamela Smith氏は、「学部と大学院の両方の看護プログラムの入学者数が大幅に増加しています」と述べている。「例えば、過去2年間で、全米の理学士と看護学のプログラムは、3.5〜6.6%増加していて、看護実践プログラムの博士号も4〜9%上昇しています。」

Chaminade大学の看護学生Ikona Kahana-Sanchezさんは、臨床中にクイーンズウェストメディカルセンターで臨床を経験をしている。「人手不足で、本当に忙しいのがわかります。看護師に対して患者の比率がとても高いんです。」

しかし、彼女はそれがこの仕事をする原動力になっていると言いました。
「プライマリ・ケア(身近で総合的な医療)の必要性、看護師の必要性、そして医療と地域社会の間にギャップを目の当たりにすることは、私にとって重要なことです」と彼女は言った。

Kahana Sanchezさんはワヒアワに住んでおり、祖母が病気になるのを目の当たりにした。祖母は自分のことよりも家族のことを優先し、定期的な診察は受けなかったという。そのことがきっかけで、ハワイ先住民の健康奨学生になり、コミュニティヘルスを追求するようになった。「私は恵まれない人々とヘルスケアの架け橋となり、この信頼関係を築く必要があるのです」と彼女は言う。

最近の医療アクセス調査によると、採用の最大の障壁は生活費と関係がある。

ハワイ看護協会のダニエル・ロス会長は、「長期的な解決策は、より多くの看護師を雇用することです。そして、そのためには、報酬体系を改善する必要があります。」と述べた。

看護学生たちは、この問題を少しでも解決しようと奮起している。「私は私のコミュニティの呼び出しに応答し、看護師になるために非常にインスピレーションを感じました」とOlipasさんは言う。Kahana Sanchezさんも「社会人になる準備ができたような気がします」と意気込みを見せている。

Contact Us

下記のフォームから必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してください。

*45分の無料スカイプ相談を承ります。






    Office

    Island Business & Commercial Brokerage

    オアフ事務局

    Meiko Fuchie 淵江明子

    所在地:
    500 Ala Moana Blvd Suite 7400, Honolulu, HI 96813

    電話:
    +1 (808) 543-1105
    (受付時間:【ハワイ時間】平日9:00-17:00)

    メール:
    meiko@biz-hawaii.com