Biz Hawaii

金利上昇中のハワイ 今こそ借金返済を!

米連邦準備制度理事会(FRB)は2日、急騰するインフレを抑制し景気後退を回避するための積極的な試みの一環として、金利を0.75%引き上げました。

これは今年に入ってすでに4回目の利上げで、住宅ローン、自動車ローン、クレジットカードの金利も一律に上がることを意味します。

地元の金融専門家によると、これまでお金を借りるコストがあまりに低かったため、多くの消費者が借金を重ね、身の丈を超えた支出をしてきたといいます。彼らは顧客に、もっと規律ある支出をするようアドバイスしています。

しかし、ホノルルのTricia Saikiは、全米で最も生活費が高いこの州では、それは言うは易く行うは難しいと言います。

「基本的なものは、昨年の夏と比べて30%から40%も高くなっています。ハワイの生活費はとんでもないことになっていて、人々は本当に苦労しているのです。ファイナンシャルアドバイザーにとって気になるのは、そんな中でも消費が依然として好調なことです。」

金融顧問会社Cadinha & Co.の社長兼CEOであるKaleialoha Cadinha-Pua’a氏は、「我々は、金利の上昇に伴い、経済の傾きが不況や悪化につながらないかどうか、事態を見守っている」と述べています。

Cadinha-Pua’a氏は、顧客に対し、支出をより厳しく律し、できる限り多くの負債を返済するようアドバイスしています。

クレジットカードの金利は平均約17%で、借金をする方が割高です。「クレジットカードの借金を早く返せば返すほど、金利が上昇する環境でも有利になります」

貯蓄があるなら、今こそ借金を減らすために使うべきだと、専門家は言っています。「その上で、できればセーフティネットとして3ヶ月分くらいの出費は確保しておきましょう。」Cadinha氏は、家計簿をつけることを提案しています。また、高金利の借金を低金利のクレジットカードに変えたり、債権者と交渉して金利を下げたりすることもできると伝えています。そして、「求人があるうちに仕事に戻りましょう。明日にはないかもしれません。」と。

すでに苦境にある多くの家庭には、ハワイ・フードバンクのような非営利団体が救済策を提供しています。ハワイ・フードバンクの社長兼CEOであるAmy Marvinは、「パンデミック当初のように高速道路に長い行列ができることはありませんが、パンデミック前に比べて50%増しの人々に食事を提供しており、この数字はしばらくの間、上昇し続けると予想しています」と述べました。

この非営利団体は、8月27日に毎年恒例のフードドライブを開催し、ボランティア、食料、現金の寄付を歓迎します。

Contact Us

下記のフォームから必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してください。

*45分の無料スカイプ相談を承ります。






    Office

    Island Business & Commercial Brokerage

    オアフ事務局

    Meiko Fuchie 淵江明子

    所在地:
    500 Ala Moana Blvd Suite 7400, Honolulu, HI 96813

    電話:
    +1 (808) 543-1105
    (受付時間:【ハワイ時間】平日9:00-17:00)

    メール:
    meiko@biz-hawaii.com